亜鉛含有量<業界トップクラス18mg>の「牡蠣侍」

 

「年齢に負けず、力強く毎日を楽しみたいと願う人に役立つものを」
という一心で、『牡蠣侍』を開発するに至りました。

 

◎業界トップクラスの亜鉛含有量<18mg>
実感をするには、質はもちろん量を摂ることも大切ですが、
体に吸収されなくては意味がありません。

 

そこで、亜鉛の弱点に注目し、
亜鉛との同時摂取で吸収力を高める成分
動物性たんぱく質の最高級「有機卵黄」を発見しました。

 

これだけにとどまらず、悩める男性の強さを引き出す、
貴重な5成分もあわせて配合しております。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
・天然タウリン
・ウコン
・えごま油
・高麗人参
・マカ

 

★活性成分は他にも★
アルギニンを始めとして16種類のアミノ酸、カルシウム、
たんぱく質などがバランス良く配合されています。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

亜鉛の弱点を補いながら最高の品質を鍛錬した「牡蠣侍」

 

亜鉛を18mg、さらに高麗人参、マカ、ウコンなどを
配合しているのは「牡蠣侍」だけ!
           ↓
牡蠣侍

 

 

 

 

酵素ダイエットに冷凍食品は役立つのか?

 

 

冷凍したものの酵素はどうなっているのか?

 

考えたことはありますか?

 

 

調理してから冷凍されたものは、当然ですが酵素は壊れていますよね。

 

では、生鮮食品を冷凍した場合はどうなのでしょうか?

 

 

温度が低くなるとともに酵素の活性は低下しますが、
冷凍しても酵素によっては変化しないものもあります。

 

冷凍によって一時的に活性が低下した酵素でも、
分子構造が壊されていなければ、
解凍したときに活性を取り戻すこともあるんです。

 

(解凍方法によっても変わってくるんですけどね)

 

 

つまり、どのように冷凍されたかによって、
解凍後に食物酵素が働けるかどうかが違ってくるということです。

 

冷凍野菜や冷凍果物は、冷凍後の酵素反応を抑えるため、
冷凍前の湯をくぐらせて酵素を壊してから冷凍しています。

 

ベリー類やメロンなどの柔らかいフルーツは、湯通しをする代わりに、
冷凍前に砂糖やシロップを加えて酵素の反応を抑えているんです。

 

 

さまざまな冷凍・解凍技術、チルド技術などが生み出されていますが、
私たちが知らないところでどんな製造過程を経ているかはわかりません。

 

実際食べるときに酵素が壊れているかは確認できないのですから、
新鮮なものは新鮮なうちに食べるのがいいです。

 

 

あ、缶詰は全て酵素を壊してから加工してしますよ。

 

酵素があると、発酵してしまいますからね。

 

納豆みたいなっちゃいます。笑

 

 

激安酵素ドリンクの「価格・特徴・味」の比較とキャンペーン情報


トップ 酵素ドリンク徹底比較 モデル御用達酵素ドリンク 脳から変えるダイエット無料講座