キユーピーが、ヒアルロン酸ナトリウム(ヒアルロン酸Na)を
機能性成分として配合した

 

「ヒアロモイスチャー240」

 

同商品は、科学的な研究データをもとに消費者庁に届け出を行った機能性表示食品で、
高純度に精製されたヒアルロン酸Naを1日摂取目安量(4粒)あたり240mg配合しています。

 

「ヒアルロン酸Naは肌の水分保持に役立ち、
乾燥を緩和する機能があることが報告されています。」

 

キユーピーは、マヨネーズの主原料である食酢の研究で培った微生物発酵技術と、
用途に応じてヒアルロン酸を高度に精製する技術を持ち、
1980年代から国内製造のヒアルロン酸を食品・化粧品・医薬品の各メーカーに販売しています。

 

また、キユーピーでは、ヒアルロン酸のもつさまざまな機能性に関して研究を進めてきました。

 

「食べるヒアルロン酸」の研究の一例としては、
ヒアルロン酸Naを120mg含む食品を摂取することが、
肌の水分量に及ぼす影響を調べています。

 

摂取しない群と比べて試験開始時からの肌表面の水分量が摂取3週間後で有意に高まり、
6週間後でも高い傾向を示すことが分かっています。
            ↓
ヒアロモイスチャー240

 

 

 

カフェインが酵素を壊し酵素反応を悪くする

 

 

毎日コーヒーを飲むことにより、肝臓で働くいくつかの酵素力を低下させるといいます。

 

ある研究では、肝臓の酵素の1種であるアルカリフォスターゼの低下が、
貧血や副甲状腺ホルモンの分泌の減少を招いてしまうというのです。

 

さらにもう1つの酵素アラニンアミノトランスフェラーゼの低下が、
ビタミンB6不足と関連すると言います。

 

コーヒーにはカフェインが含まれていますが、
これは強力な麻薬ともいえる物質で、飲むとすぐに思考がハッキリしたり、
疲労感が減った感じがしたりといった、精神高揚効果があります。

 

しかし、神経や内分泌系が過剰に刺激を受けることで、内蔵器官も疲労してきます。

 

高血糖症になったり、副腎や腎臓の負担にもなってしまうのです。

 

また、カフェインは鉄分の吸収を阻害したり、
体から亜鉛、カリウム、カルシウムなどのミネラル、ビタミンCやB群をも奪います。

 

このためエネルギー代謝をはじめ、多くの代謝過程で酵素反応にトラブルが起きてくるのです。

 

カフェインの過剰摂取はホルモンバランスを壊し、
婦人科系の病気や前立腺障害の原因にもなったり、
膀胱がん、尿路ガンの原因となることも報告されています。

 

カフェインはコーヒーだけでなく、コーラ類や紅茶にはインスタントコーヒーと同じくらいカフェインが含まれていて、緑茶、ココア、チョコレートなどにも含まれます。

 

市販薬に多量のカフェインが含まれているケースもあり、
多くの人は自分が思っている以上にカフェインをとってしまっているのです。

 

カフェインが含まれないものとしては、ハーブティー・麦茶・ミネラルウォーターなどがありますので、意識してそういったものを飲むようにしてください。

 

 

特に酵素ドリンクを飲むときに、市販のジュース類で薄めて飲んでいれば、そこに含まれるカフェインにより、せっかくの酵素が壊されてしまうのです。

 

 

激安酵素ドリンクの「価格・特徴・味」の比較とキャンペーン情報

 

 

それでは、せっかくの酵素ドリンクも意味がありませんよね。

 

純粋な炭酸水やミネラルウォーターで薄めて飲むようにしてください。

 

 

ツイスパソーダ

 

これは便利な機械で、自宅で簡単に炭酸水が作れてしまうんです。

 

 

 

 

 


トップ 酵素ドリンク徹底比較 モデル御用達酵素ドリンク 脳から変えるダイエット無料講座