奇跡の食材と呼ばれる、「菊芋」が手軽に摂れ、
「糖分」の量をコントロールしてくれるサプリメントです。

 

○菊芋
菊芋の主成分であるイヌリンが、
糖分コントロールを助けたり、
善玉菌優勢の環境を作ってくれ、
毎朝すっきり快調な状態にしてくれます。

 

当社製品、「金の菊芋」原料は、
熊本県阿蘇地方で無農薬で育てられた菊芋を100%使用していますので、
大変安心です。
菊芋を収穫後すみやかに乾燥させ、打錠。
最終的な主成分も菊芋が98%という驚異の純度となっています。

 

◆こんな方にオススメ◆
・糖分コントロールをしたい方
・お酒や甘いもの、炭水化物などの食事制限をされている方
・糖質ダイエットをしている方
・お通じの状態が気になる方

 

 

「菊芋」は奇跡の食材として、以下テレビ番組で取り上げられました。

 

○TV放映実績
2015.7.19『駆け込みドクター!運命を変える健康診断』(TBS)
⇒”奇跡のスーパーフード”として、菊芋やイヌリンの効能が紹介されました!

 

2015.6.10『ためしてガッテン』(NHK)
⇒”食べて糖尿病大改善! 医師も驚がく最新ワザ”として、菊芋が紹介されました!
            ↓
金の菊芋

 

 

 

 

酵素力アップのための食べ物の組み合わせ

 

デンプン質(ご飯やパン)とタンパク質(お肉や魚)の組み合わせ

 

酵素力をアップする為に、食べ方の順番はもちろん重要ですが、
食べ物の組み合わせも消化力に影響し、膵臓からの酵素の無駄使いにつながります。

 

デンプン質(パン・ご飯)の消化は、唾液に含まれるプチアリンという酵素によって始まり、
胃に下りていきながらも消化が続いていきます。

 

よく噛めば噛むほど表面積が増え、
表面積にしか働きかけれないこの酵素は効果的に働いてくれます。

 

注意しなければいけないのは、他のものとの組み合わせで食べるときです。

 

例えば、タンパク質を一緒に食べるとき、
プチプリンもアミラーゼ(糖質分解酵素)もアルカリの環境でしか働けない酵素なので、
胃酸があると働けません。

 

デンプン質だけを先に食べていれば問題はないのですが、
タンパク質を一緒に食べると消化酵素活性のため胃酸が出てくるので、
タンパク質が胃での消化を終えるまで、
デンプン質は消化できないまま足止めされることになってしまいます。

 

そうなると、消化が不十分のまま腸に移動し、
消化の続きは膵臓からの余分なアミラーゼに頼るしかないのです。

 

ハムやチーズを挟んだサンドイッチやハンバーガー、肉などをのせた丼ものを食べると、
このような状態になります。これらは、消化酵素の無駄使いになってしまうのです。

 

 

 

トマトや柑橘類のようにすっぱい酸を含む食物とデンプン質を一緒に食べると、
プチアリンが抑制されデンプンの消化が妨げられます。

 

オレンジジュースでパンを流し込むような食べ方は最悪だということです。

 

柑橘系のジュースを飲む場合、
飲んで10分経ってからパンを食べるようにしてください。

 

酵素ドリンクや酵素サプリも同じで、
他の食べ物と一緒に摂らず、単体で飲むのがいいですね。

 

そうしないと、せっかくのダイエット効果もなくなってしまうからです。

 

 

激安酵素ドリンクの「価格・特徴・味」の比較とキャンペーン情報