朝食は新鮮な果物を摂って消化の負担を減らしましょう

 

1日の食事の摂り方として、「朝はたっぷり、昼はそれなりに、夜は少なくが理想」とよく言われますよね。

 

でも酵素力アップのためには、それは間違いで、全く逆の食生活がよかったのです。

 

「朝は、なるべく消化に負担のかからないものを軽く、昼はそれなりに、夕食はタンパク質を中心に食べる」これが、酵素力アップの基本になります。

 

太陽が昇ると同時に目覚め、畑で汗を流して働き、
一仕事終えてから、ゆっくり朝食を摂り、朝食の後はのんびり休む。

 

こんなライフスタイルなら、朝食はたっぷりと、
しっかりとったほうがいいかもしれません。

 

でも、学校に行くギリギリまで寝ていて、
飛び起きてすぐ、ご飯、味噌汁、おかず、あるいはパン、卵、牛乳など、
ほとんど噛まずに食べて、バスや電車に飛び乗って出かけていく。

 

そんな生活を繰り返していると、特に消化器官では、
活動開始の準備が整う前から無謀な労働を強いられ、
大きな負担がかかってしまいます。

 

1日の本格的な活動開始前から体は疲れ果ててしまっているのです。

 

 

あなたが考えている以上に、消化活動は体にとって重労働

 

食物が口から取り込まれ、体内に吸収されるまでには多くの酵素の働きが必要です。

 

酵素を作る材料であるタンパク質、
それぞれの酵素を働かせるために必要なビタミン、ミネラル、酵素を作ったり、
働かせたりするためのエネルギーなどが多量に消耗されることになります。

 

これらは、1日の活動に必要なものばかりなのに、朝から無駄使いしてしまったら、
体は少ない栄養素で1日やりくりしなければならず、とても夜まで持ちません。

 

午前4時から正午までは、体の浄化の時間帯

 

朝は、体に負担をかけずにすぐにエネルギー源となるものを補給することが大切です。

 

そんな役割を果たすのに最適なのは、新鮮な果物をジュースにしたもの。

 

果物は食物酵素たっぷりで、消化に一切負担がかかりません。

 

また、果物に含まれる糖分(果糖)が体に負担なく、
速効性のエネルギー源となってくれるので、
活力いっぱいで1日のスタートを切ることができるのです。

 

市販のフルーツジュースでは、例え果汁100%のものでも、
加熱処理されているので、食物酵素は壊されていて、
さらには砂糖が多く含まれている場合がほとんど。

 

そんなものを摂り続ければ、ダイエットどころか太ってしまいます。

 

でも、毎日朝からジューサーでジュースを作るのは面倒くさいし、
そんな新鮮なフルーツを買う時間もないという人は、
酵素ドリンクを使うのがいいですね。

 

これだと、冷蔵庫から出して炭酸水などで薄めて飲むだけですみます。

 

お手軽で便利で、満腹感もできて、食欲を抑えることができちゃうんです。

 

激安酵素ドリンクの「価格・特徴・味」の比較とキャンペーン情報

 

「けっこうな値段がしますよね〜」と思う人もいるかもしれません。

 

でも、果物を毎日買うのに比べれば、かえって安くつきますよ。

 

仕事が休みの日などは、新鮮な果物でジュースを作って飲めばいいのではないでしょうか。

 


トップ 酵素ドリンク徹底比較 モデル御用達酵素ドリンク 脳から変えるダイエット無料講座