午後10時〜午前2時の間に食べるのが一番太る

 

夜は昼間ほど体を動かさないから、夕食をたくさん食べると、
消費されずに余ったカロリーで太るし、
体にもよくないと信じている人は多いのではないでしょうか?

 

カロリーの消費量を考えれば、夜よりも昼のほうが多いのは確かです。

 

でも、昼しっかり、夜少ないという食べ方は、酵素力の低下につながってしまっています。

 

なぜなら、夜8時から翌朝4時までは、体内に取り込んだ栄養素を利用して、
細胞の入れ替えをおこなう時間帯になっているからです。

 

その作業がスムーズにおこなわれるには、
夕食で十分なタンパク質を確保しておく必要があるといえます。

 

 

私たちが寝ている間には、成長ホルモンが分泌され、
タンパク質を材料として、傷んだ組織を修復してくれているのです。

 

 

夕食でしっかりタンパク質をとっておかなければ、こうした作業に問題が起きてきます。

 

 

だから、菜食主義者はどうしてもタンパク質が不足してしまい、
材料不足になってしまうので、理想的であるとは言えません。

 

大豆などをしっかり食べて、タンパク源が確保できているのならいいんですが、
野菜サラダしか食べないとか、間違った知識での菜食主義は、
致命的な病気を引き起こしてしまいます。

 

 

だからといって、目一杯食べて、すぐに寝るのはよくありません。

 

食べてから寝るまでの時間が短いと、起きている間に消化活動が終わらず、
寝ている間に体への負担が大きくなります。

 

特に肉類などの動物系のタンパク質は、
寝るまで4時間はあけるようにしてくださいね。

 

 

 

 

午後3時頃に存在しない「脂肪酸の合成にかかわる酵素」は、
午後10時から午前2時の間にピークを迎えます。

 

だから、この時間帯に食べれば、肥満への道まっしぐらになってしまうのです。

 

夕食はしっかりタンパク質中心に食べ、夜8時ごろまでには夕食をすませてしまいましょう。

 

万が一夕食がしっかり食べれず、遅くなってしまったときは、
消化に負担のかからない酵素ドリンクなどを飲んで、その日は寝るのがいいですね。

 

 

モデル御用達のオススメ酵素ドリンク


トップ 酵素ドリンク徹底比較 モデル御用達酵素ドリンク 脳から変えるダイエット無料講座