人間は一生の間で一定量の酵素しか作れない

 

 

 

生まれたばかりの新生児には、高齢者の数百倍の酵素が存在すると言われています。

 

生まれたときに与えられた、一生で一定量しか作れない酵素の生産能力を、毎日の生活の中で使って老化し、ついには病気になり、そして死んでいくのが私たち人間の運命なのです。

 

酵素は毎日作られていますが、トータルでは一生で一定量しか作れません。

 

ただし、これには個人差があり、生まれた瞬間から大量の生産能力を持っている人もいれば、少ない人もいて、酵素の生産能力の個体差は大きいのです。

 

これは、持って生まれた遺伝子の違いによると考えられます。

 

 

 

 

人それぞれの一生の間に生産される体内酵素の総量は決まっていて、
これを「潜在酵素」と一般的には呼ばれています。

 

私たちは「潜在酵素」を使い切るまで、絶えず酵素を作り続けているのですが、
酵素製造能力には限界があり、20歳をピークに年齢を重ねるごとに少しずつ減っていき、
40歳を超えると急激に減少していきます。

 

よく40歳を超えると、「一気にガタがきた」「体質が変わった」「病気になった」とかいう人が多いのも、酵素の製造能力が衰えていることが原因だということなんですね。

 

この能力さえ衰えなければ、私たちは何歳になっても若々しい体でいられるのでしょうが、
残念ながらそうはいきません。

 

若い頃は、多少の無理をしても一晩ぐっすり寝れば体力は回復していたのに、
中年になってからは、「睡眠を十分取っても疲れがなかなか取れない」
と感じる人が多くなります。

 

やはりそれも、、体内の酵素の製造能力が落ちているのと、
日々の生活の中で潜在酵素の使いすぎで、代謝酵素が十分に働いてくれないからなんです。

 

年齢とともに痩せにくい体質になるのも、この代謝酵素の働きが悪くなっているから。

 

 

そこで、外部から酵素を補い、代謝酵素の無駄使いを防ぐことで、
若々しい肉体を維持することができるのです。

 

 

 

 

 

 外部から補うには、2つの方法しかありません。

 

 

1.生の食物をたくさん食べる
2.酵素サプリメントで補う

 

 

まず、1の「生の食品をたくさん食べる」というのは、
現在の日本で実践するのはかなり難しいでしょう。

 

実際、生の物を食べる機会のほうが圧倒的に少ないですからね。

 

十分な食物酵素を食で補おうとすれば、
かなりの生鮮食品を食べなければいけません。

 

 

そうなると、2の「酵素サプリメントで補う」しか選択肢がなくなってしまうのです。

 

食物酵素がないものを食べる直前に酵素サプリメント飲めば、
体は生の酵素を食べたときと同じ反応をしてくれます。

 

つまり、酵素サプリメントにより食べた食品の事前消化がおこなわれ、
体は余分な消化酵素を使わなくてすみ、
代謝酵素は常に活発に働き続けてくれるということになるからです。

 

 

 

飲みやすいカプセルタイプで、食前の飲めば簡単に食物酵素が補えます。
今ならお試しできる酵素サプリ


トップ 酵素ドリンク徹底比較 モデル御用達酵素ドリンク 脳から変えるダイエット無料講座