消化のプロセスと消化酵素の種類

 

 

では、前回の続きですが(完全なる消化@)、食べ物を摂取したときの消化のプロセスなんですが。

 

この流れをしっかり理解して、食べるときにイメージすることで、より消化力が上がり痩せやすい体を作るので、しっかり理解しておいて下さい。

 

プロセスは右図のとおりです。

 

食道十二指腸小腸大腸直腸肛門

 

 

まあ、実際はもっと細かく分けられるのですが、大まかに分けるとこんな感じです。

 

口から入った食べ物は各消化器官で消化されて、最小単位になって小腸で吸収されます。

 

そして、消化されない繊維質などは、便となって体外に排出されるのです。

 

 

食物は、口の中で咀嚼されて小さくなってから食道へと移動していき、
食道では、ぜん動運動という規則的な筋肉の波にのって運ばれ、
胃の中では、胃粘膜のひだの間ですり合わされて、さらに細かくなります。

 

この消化活動は、「機械的消化」と呼ばれているのです

 

 

これに加えて、消化管では消化腺から分泌される消化液による、
「化学的消化」もおこなわれます。

 

 

まず、口の中では膵液に含まれる消化酵素の「アミラーゼ」によって、
炭水化物の分解がおこなわれます。

 

胃の中では、胃液中の胃酸や「ペプシン」などの消化酵素によって、
タンパク質が分解されるのです。

 

胃から十二指腸に移動する時点では、
食物はすでにお粥のような状態になっています。

 

十二指腸では、膵臓から分泌される膵液に含まれる消化酵素によって、
炭水化物、タンパク質、脂肪がさらに消化分解されるのです。

 

膵液の消化酵素のうち、「リパーゼ」は脂肪細胞を分解します。

 

 

このように食物は、口から入り、小腸に至る過程で、消化・分解され、
最小単位になった栄養素が小腸粘膜から吸収されるのです。

 

そして、吸収された栄養素の最小単位は肝臓で代謝された後、
全身に行き渡り、生命維持のために役立てられます。

 

その後、消化しきれなかった食物は大腸に入り、
大腸菌などの細菌によって分解されるのです。

 

これを「生物的消化」と言います。

 

 

さらに、炭水化物・タンパク質・脂肪の分解については次回書きます。


トップ 酵素ドリンク徹底比較 モデル御用達酵素ドリンク 脳から変えるダイエット無料講座